無題

しおみまき

あなたはわたしを
やわらかいと言って抱きしめたけれど
その時わたしは横目で
人が通りすぎてゆくのを見ててん
むしろ
帰ってからの方が胸があつく
なったけれど
家の人はだれも気付かへんかったで
あたりまえか

あれから一ヶ月以上たちます
わたしたち
いくつもいくつもキスをして
だんだん官能的になっていく。
あなたは人目を気にするけれど
わたしはそんなんいいやんと思う
公園の犬よりも
ねこよりも
わたしたち
生きものという気がします。

(あえて題名つけんとく)

menuへ戻る