メーデー

しおみまき

紋黄蝶みぎにひだりにひらひらと二条てらまち文学散歩

みちのべの陽あたりのよい間口よりふらりと入る三月書房

レジ横の歌集コーナーわきばらを痙攣させてえらぶ背表紙

ガラス越し隊列を見るメーデーもいわゆる春のイベントとして

コンビニにたむろする子ら沿道に鸚鵡返しのスローガンあり

うおおんとまいくろふぉんは高らかにお局たちのはけぐちとなれ

メーデーや。手持ち無沙汰のてのひらに近藤芳美「埃吹く街」

とおくにはシュプレヒコールわなないて頭上の空がかるく歪んだ

「効率」の文字祀られて排便の順番さえもシフト組まれる

腹空かぬ十二時までの昼食よ老舗喫茶でパンケーキなど

menuへ戻る