あたごやまのことり
〜龍の小屋編

しおみまき

ぽかぽかんぽかんぽかんとてのひらのねむるやまねをさしだすように

ぽかぽかんぽかんぽかんと日溜まりのふたりをはさむフルーツサンド

運穀祭香和屋の札をぶらさげてきみをからかうやまおとこたち

ホーローのマグのふちよりのぞきこむしずかな静かな山のせいかつ

乾きゆく泥のわだちになあなあと淡きいきものみえかくれする

だんぼおる雨水吸ってぼわぼわと山のふもとにおきざられねこ

だきあげて情をうつせばなあなあとおもちゃのようになあなあと鳴く

おやゆびに貼りつく海苔をねぶらせてわたしらもまたおきざりにする

たわむれにいくつしんせつかさねてもやさしくなんかなれないんやね

なにごともなにごともなきかおをしてぽかんぽかんと山のふもとに

menuへ戻る