1月

1日

新年快楽
la・la・la・la・la
ことしもよろしく
おねがいします


2日

ミホに会う。
大きな瓶のあんずジャムをいただく。


3日

中国大連への旅。
東北地方ははじめてだ。


4日

旅先でみる夢には
いろんな人がでてくる。
エアメールを出したくて
ゆうびんきょくまで
ひたすらあるく。


5日

ら〜ふ〜ふ〜
ら〜ふ〜ふ〜
ぷりぷりとした水餃子


6日

あっというまの帰国。
ホテルのドアマンはあしたも
おなじ笑顔でたっているだろう。


7日

大連は突き刺ささる寒さだった。
京都のはしんしんしんと肩に染みてくるかんじ。


8日

押し入れの整理をする。
空箱ばかりでてくる、でてくる。


9日

しごとはじめ。
肩やそでがこすれあう
ひさびさの感触
ごちそうの
残り香のする通勤電車。


10日

おみやげに頂いた
インドのスナック菓子は
甘いんだけどカレーあじ
ちょっぴり変でくせになるあじ


11日

刈田みちこりこりこりとちょこれいと


12日

すこしだけ
日が長くなった。
空を見上げてうれしくなった
かえりみち。


13日

八宝菜。
ほんじつは四宝菜でしたが
はくさいがとてもおいしかった。
あすは歌会・・・。


14日

九州からやってきたともだちと
鴨川沿いをあるきつづけた。
冬の陽ざしがぽかぽかとして
いったい何をしゃべってたっけ。


15日

きのうの歌会の余韻がのこる。
出町柳から四条までずっと
川沿いをあるいてかえった。
今日は牡蛎鍋


16日

湯たんぽが来た。
今夜からあったかくして眠る。
ゆたん・ぽ。


17日

あのあけがた・・・

阪神大震災から12年。


18日

四条大宮めんくいでえと。
らーめん食べてはなみず垂れた
ねえさんぶるのはやめましょう


19日

ひるやすみ
チョーヤのとろける黒糖梅酒のわだいで
ひそやかにもりあがる。週末はうれし。


20日

大寒。
厄あけのお礼まいりに春日神社へ。
中国でかってきたDVDをぼちぼちみている。
「鶏犬不寧」 監督:陳大明
「租妻」   監督:路学長
どちらも3.8星レベルで楽しめた。


21日

もーにんぐしあたーinわが家
中国で買ってきたDVDをみる。
よくあることなのだが
今回もラスト数分のところで画像がフリーズして焦った。
「紅顔」李玉監督(2005年)
舞台は四川省あたりか。地面が濡れて湿気の多い印象。
方言も独特だった。これも3.8星レベルかな。


22日

厄あけのはるほのほのと姫だるま

ひところのいちご大福俯いて

消印がかすれています。風信子


23日

ささみ天うどんをたべた。
この社食ときたら
カレーからかんぴょう。
みそ汁からベーコン。
苦笑しながらなぐさめあって
なんとなああく満たされてくる。
さいきんのひるやすみ。


24日

せつやくんとむだずきん
いつもふたりはなかよしこよし。
きょう本屋でほしいものをみつけた。
いそいでいたので
せつやくんの勝ち。
でもあしたには
むだずきんが勝ってしまうかも・・・。


25日

紙コップ
コーヒーブレイク
社会人らしきひとコマ
とししたのともだちの
皮膚の薄さにみとれつつ
もっともらしいことばかり言っている。

ああことしは
暖冬で
てぶくろをかいそびれてる。


26日

「李香蘭 私の半生」
 山口淑子・藤原作弥 著 
 よみはじめる。

cinematic review ホウ・シャオシェン監督
初期作品「ナイルの娘」
(原題:尼羅河女兒)をみる。
タイトルになっているが「ナイルの娘
」 (漫画:王家の紋章)のモチーフは
なくてもいいと思った。
1980年代の映画なので携帯電話ではなく
公衆電話と、一部の人間のポケベルが
多用されていた。
それにしても、台湾の郊外の風景は
日本と似ている。
3.3星レベル。「ナイル〜」がなければ
3.8星レベルだが。


27日

美容院。
月1回のメンテナンス。

cinematic review
中国から買ってきたDVD
作品名
「about love 〜関於愛」(2004年)
監督
東京編 下山天
上海編 張一白(ジャン・イーバイ)
台北編 易智言(イー・ツーイェン)
メモ
日本から伊東美咲・加瀬亮らが出演。
東京・タイペイ・上海が舞台の
オムニバス恋愛映画。
かなあり少女漫画ちっくだけど
これはこれで。清々しくて3星レベル。


28日

ちゃんちゃんこ裏返したりたたんだり

福わらひなきがおに似てもらひなき

ままならぬ恋は苺の八度五分

まどわくにわがためいきの結露かな

湯たんぽのちゃぷんちゃぷんとゆめのなか


29日

はなのした
できもんでけた。
ぼんやりしてるげつようび。


30日

今朝
iPodを聴きながら出勤。
けしきがいつもとすこし
違ってみえた。
空気もいつになく冷えていた。

年明けて
はや一ヶ月。
おにさんこちら手のなるほうへ
もうじき節分。豆たべよっと。


31日

ひさびさに三人揃って
ひるごはん。
きらきらとしたひとコマ。
牛丼はやたらつゆダク
かき揚げ丼はだし足りず
わたしの天ぷらそばには
らーめん1本入っててまた苦笑。


menuへ戻る